くまにんずの日記

カードキングダム福岡藤崎店にあるアンジュ公認サークル『くまにんず』のブログです

今日のカード 2015/09/07

どうも読者のみなさん初めまして。

くまにんずの「歩く(巨乳に関する)哲学書」そして「くまにんずの絶対的良心(笑)」こと、ぐんそうです。

くまにんずを代表して、今日のカード「教室の企画会議 エミリー・マック」を紹介させていただきやす。

f:id:kumaninzu:20150907165223p:plain

いやー、いいモノをお持ちですな~)^o^( 一緒に柔軟して背中押してほしい・・・。

さて、肝心の効果ですが『ターン中シフト登場』していて『エナジーが4枚以下』ならプログレスを2枚フォールして手札から捨てることによって2枚ドローできるというもの。

『ターン中シフト登場』という条件を見る限り、7章で出た「新学期 ソフィーナ」やEXブースターの「委員長気質 オルトリン」の互換効果みたいですね。

f:id:kumaninzu:20150907170511j:plain

f:id:kumaninzu:20150907170532j:plain

この2枚と比べてみてエミリーさんが勝っているのは「手札的に取れるアドの量」の多さ。ソフィーナとオルトリンがやっているのが1:1の手札交換なのに対し、エミリーさんは1:2と純粋に手札を1枚多くしくれています。

逆に劣っているのは、『エナジーが4枚以下』という「追加条件の厳しさ」と『プログレスを2枚フォールする』という「コストの重さ」さらにはドローという手札補充手段が持つ「不確定さ」といったところでしょうか。

これだけ見るとエミリーさんは他の2枚に比べ見劣りしてしまいますが、サーチや捨て札回収の対象にならないアクションを持ってこれたり、「水上の散歩 カチュア」や「波の女神 リューネ」などによる、メタを張られにくいという利点もあるので、完全に劣化しているとは言えないと思います。

エミリーさんは僕が持ってる深雪デッキの相方としてずっと使ってきてるので、これを機にどんどん強化していってほしいです。ではまた(^_^)/