読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くまにんずの日記

カードキングダム福岡藤崎店にあるアンジュ公認サークル『くまにんず』のブログです

日曜企画 たがみんの「レミエルとリンク(意味深)したい!」第26回 たがみん「キャラ単解説〜エルエル編〜」

f:id:kumaninzu:20160724132115j:image
たがみん「第26回!たがみんの『レミエルとリンク(意味深)したい!』今回からキャラ単解説を行っていきたいと思う!1人目はこいつだ!」

エルエル「こんにちはー!遊びに来たよレミエルちゃん!」

レミエル「エルエルちゃん!」

たがみん「というわけで、『絆の天使』ことエルエルです、元気、天真爛漫でレミエルの友達…というか、エルエル友達めっちゃ多いけどレミエルとは特に仲良いよな」

エルエル「うん!レミエルちゃんとはとっても仲良しだよ!ね?レミエルちゃん!」

レミエル「そうだね。エルエルちゃんは色んな人とすぐ仲良くなれてすごいって思うな…私には出来ないよ」

たがみん「レミエルは色んな子と仲良くしないでくれ…俺が嫉妬で狂う」

レミエル「ふぇええっ⁉︎⁉︎」

エルエル「ぶー…レミエルちゃんは私のものだよ⁉︎」

たがみん「俺の台詞だよそれ!」

レミエル「わ、私誰のものでもないですよぅ…」

ーーーーーーーーーーーー
デッキタイプ解説
①エルエルは赤Σのデッキ
・赤Σは「捨札から他のプログレスを登場(リアニメイト)させること」を主体とするデッキタイプ。レミエルやアマノリリス、エクスシアなどが代表。エルエルも例に漏れずリアニメイトをメインに戦っていくデッキである。

プログレスについて
・レベル4
f:id:kumaninzu:20160724135041j:image
f:id:kumaninzu:20160724135101j:image
〈笑顔の絆〉と〈羽の弾丸〉をメインとして攻める。〈笑顔の絆〉でリアニメイトしたプログレスはアウェイクしている為、そのプログレスのいる場所に〈羽の弾丸〉でプログレスをリアニメイトすれば、そのプログレスはリンク可能になる。これを利用して連続で攻撃を行う

・レベル2
f:id:kumaninzu:20160724171532j:image
〈笑顔の絆〉や〈羽の弾丸〉がメインアタッカーになる以上、レベル4を盤面に素早く展開することが求められる。そこで〈今から友達〉を使用することでレベル4を展開しつつ手札補充をすることが出来る。
また、エルエルに限らず赤Σには「レベル4全面展開でなくとも、必要なコンボパーツがあれば最大火力による連続攻撃が可能」という特権的な利点があるため、〈今から友達〉のリンクが失敗しても他の面で展開を補えば攻め手を緩めぬビートダウンが可能。まあその場合〈今から友達〉は十中八九〈羽の弾丸〉のリンク効果で踏み潰す土台になるのだが。

③戦い方
・②で述べたように、リアニメイトによる連続攻撃で戦うので、捨札と盤面の入れ替わりが激しい。まずは捨札にどんなプログレスがいるかを常に確認する癖を付けよう。また、このゲームにはリンクという「捨札を増やしてくれる」素敵な効果がある。そのため、山札に何が、何枚残っているかも把握する必要がある。さらに、プログレスをリアニメイトさせた場所に元々いたプログレスは当然捨札に行く。これも有効活用できるようにしよう。

④注意点
盤面を入れ替えながら連続攻撃を行うため、攻撃する順番、リアニメイトするプログレスは非常に重要。そこの選択を間違うだけで相手に与えられるダメージが変わる。
また、このゲームには「山札リメイク」という「捨札がリセットされる」非常に迷惑なルールがある。連続攻撃をしていると途中で必ずリメイクが入るはずなので、リンクでめくる枚数をきちんと計算してデッキを回すべし。
また、性質上「リンクが一度でも失敗するとプランが全崩れする」ため、リンクは必ず成功するようにしよう。

え?どうやって、だって?んなの愛だよ、愛。(真顔

ーーーーーーーーーーーーーー


たがみん「…と、いうわけでエルエルデッキの解説でした」

レミエル「『リンクは必ず成功させよう』は解説になってないですぅ‼︎」

たがみん「いや…まあその、実際他のデッキと比べてアタックリンクに頼った攻め方になるからねぇエルエルもとい赤Σは…
実際俺もレミエルでリンク失敗して死んだこと多々あるし…」

エルエル「だいじょーぶだよ!くよくよしたって始まらないし!それに、仲良くなればリンクだってばっちりだよね!」

レミエル「え、えぇ…」

たがみん「だってさ、諦めろレミエル」

レミエル「あうぅ…わ、私も頑張りますぅ…」


たがみん「と、いうわけで今日はここまで!お相手はたがみんと!」

レミエル「れ、レミエルと!」

エルエル「エルエルでしたー‼︎」


                          To Be Continued...